どうしてる?脱毛後の肌のお手入れ

保湿をする事が最優先

脱毛方法によって違ってきますが基本的に脱毛後は、著しく肌の水分量が失われています。肌の水分量が著しく失われていると肌荒れだけではなく、色素沈着などの肌トラブルが発生しやすくなります。そのような事態をできる限り避ける為、脱毛後は保湿中心のアフターケアを実施していき、肌に問題が発生しないように対処する事が必要です。
脱毛サロンでアフターケアを受ける際、専用の保湿水やローションなどを利用する為、大きなケア効果を実感できます。ただし自分で脱毛して、アフターケアを実施する時は、最適な保湿水やローションを選ばないといけないです。肌質に合っていない保湿水やローションを使用してしまうと新たな問題が生み出される為に要注意です。

紫外線を肌に与えないように注意

脱毛後の肌は大きなダメージが蓄積されている状況なので、紫外線によって深刻な肌トラブルを生み出す恐れが出てきます。仕事や生活をする際、どうしても外出しなくてはいけない時もあります。そんな時も長ズボンや長袖を着用して、紫外線をできる限り浴びないように気を付けたり、紫外線カットできるグッズを使用するのも一つの選択肢です。
普段の肌ならばそこまで大きな影響を及ぼさない紫外線でも脱毛後は全然違ってきます。ちょっとした油断により、脱毛後に肌が紫外線を浴びる事で、シミやそばかすなどの肌トラブルを生み出す事も十分にあります。それほどまでに肌が弱っている状況なので、肌を守るという高い意識を持って、紫外線をカットしなくてはいけないです。

全身脱毛を東京でするなら、涼しい季節がおすすめです。脱毛中は日焼けしてはいけないので、紫外線が少ない季節に施術しましょう。